フィギュア羽生結弦が韓国入り「来られてうれしい」(2018/02/11 17:38)

 フィギュアスケート男子で66年ぶりのオリンピック連覇に挑む羽生結弦選手(23)が練習拠点のカナダから11日午後、韓国入りしました。

 羽生選手が姿を見せると大きな歓声が沸き上がりました。羽生選手はしっかりと前を見据え、このオリンピックへの思いを語りました。
 フィギュアスケート日本代表・羽生結弦選手:「出られない試合もたくさんありましたし、非常にもどかしい気持ちでもいましたけれども、できることとして陸上のリハビリとか、治療とかそういうことを必死にやってきました。実際にこうやって試合の場に来られたことがうれしく思いますし、これからこの地でしっかりと調整して試合に向けてやっていけたらと今は思っています」
 羽生選手は去年11月に右足首を負傷し、その後はリハビリに専念。リンクでの練習を本格的に再開したのはわずか1カ月前で、このオリンピックが復活の大舞台となります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集