先発・大谷が11奪三振 決め球冴えるも4勝目ならず(2018/05/14 11:55)

 メジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平(23)がツインズ戦にピッチャーで先発登板し、11奪三振の好投を見せました。

 「母の日」にちなみ、ピンク色のキャップで登場した大谷。先頭打者にヒットを許しますが、後続を打ち取って無失点で切り抜けると、そこから圧巻の奪三振ショー。2回の1アウトから3回のアウトはすべて三振。6回まで11個の三振を奪うなどツインズ打線を封じ込めます。1点リードの7回途中、フォアボールを出したところで、大谷は降板。その後を受けたピッチャーが連打を浴び、同点となったことで大谷の勝ち星は消えますが、チームのサヨナラ勝ちに貢献する好投でスタジアムを沸かせました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集