錦織ウィンブルドン初の8強!松岡氏以来の快挙(2018/07/10 12:01)

 初のメジャー制覇を狙う錦織圭が日本男子では1995年の松岡修造さん以来となるベスト8進出を決めました。

 200キロを超えるサーブが武器のE・ガルビスを相手に第1セットを落とした錦織。第2セットで本来の調子を取り戻すと、そこからは粘りのテニス。何度も相手にセットポイントを奪われながらもそのピンチをしのぎ、続けてタイブレークを制して逆転。試合時間が3時間半に迫る激闘を制し、この大会自身初のベスト8進出を果たし、日本人男子では1995年の松岡さん以来、23年ぶりの快挙となりました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集