世界バドミントン 桃田選手が日本男子初の金メダル(2018/08/06 00:42)

 世界バドミントンです。男子シングルスで桃田賢斗(23)が日本男子史上初の金メダルを獲得しました。

 桃田は決勝で世界ランク3位の地元・中国の選手と対戦。13−11から8ポイントを連取して第1ゲームを奪います。続く第2ゲーム、桃田が素早い反応でポイントを奪うと、さらにコーナーを突くスマッシュで相手を圧倒。不祥事から2年、桃田は無期限停止処分を乗り越えて日本男子史上初となる金メダルを獲得しました。
 桃田賢斗:「今、試合できていることがうれしい。試合に対する気持ちが自分のなかで変わった。その気持ちの強さが勝因だと思う」

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集