テレ朝news

三越伊勢丹HD バブル世代削減で退職金に+5000万円(2017/11/08 00:05)

 三越伊勢丹ホールディングスは、バブル期に大量採用した管理職などの早期退職を促すため、退職金を最大で5000万円増額します。

 三越伊勢丹HD・杉江俊彦社長:「一番大きいところで、50歳くらいで4000万〜5000万円の積み増し」
 三越伊勢丹は、今月から早期退職制度を見直して退職金を増額するほか、部長級では対象を50歳から48歳に引き下げました。50歳の部長級で最大で5000万円ほど積み増され、退職金は7000万円程度になるということです。バブル期に大量採用したことで、膨らみすぎた管理職の人件費を削減する狙いがあります。