テレ朝news

世耕大臣「雇用に影響出る」トランプ氏の政策に懸念(2018/08/03 11:56)

 日米貿易協議を9日に控え、世耕経済産業大臣はアメリカにある日本の自動車メーカーの工場を視察し、トランプ政権の関税政策に懸念を示しました。

 インディアナ州には日本の自動車関連企業が300社近く進出していますが、世耕大臣は2日にSUBARUの工場を訪れ、トランプ政権の関税政策に懸念を示しました。
 世耕経済産業大臣:「(アメリカの)貿易制限措置が取られると、車の値段が上がってしまう。皆さん(現地従業員)の雇用にも直接、影響が出る」
 また、世耕大臣はトランプ政権に近い有力者に日系企業の貢献を訴えました。9日の貿易協議を前にアメリカ政府を牽制(けんせい)しました。