テレ朝news

森友文書 “改ざん” 野党「1年間だまされた」(2018/03/13 05:50)

 森友問題を巡る文書の改ざんを財務省が認めたことに野党は猛反発していて、国会は13日も事実上、空転する見通しです。

 立憲民主党・枝野代表:「国会で繰り返し説明をされていた説明が事実と異なっていたなんてことが1年間続いてきたということは、一安倍政権の問題を超えています。日本の民主主義、議会制民主主義そのものが問われている」
 野党は「1年間にわたって国会がだまされ続けた。一定のけじめがなければ審議には応じられない」としていて、13日に開かれる予算委員会を欠席します。批判の声は与党内からも上がっています。
 公明党・山口代表:「国権の最高機関である立法府を軽視するもので、断じて許されません。今、麻生大臣に求められるのは、国民や国会に対してしっかり説明責任を果たすと」
 こうしたなか、自民党の二階幹事長は「国会で説明責任を果たしていくべきだ」としたうえで、野党側が要求している麻生財務大臣の辞任や内閣の総辞職は否定しました。
 自民党・二階幹事長:「野党の言われるままに総辞職したりとか、そんなことするわけではありませんから。自民党は自民党として、しっかりした考えに基づいて自信を取り戻して頑張っていきたい」