テレ朝news

拡張型心筋症の1歳女児 “移植手術”募金呼びかけ(2017/01/31 11:56)

 心臓に難病を患う1歳の女の子にアメリカで移植手術を受けさせるため、両親が募金への協力を呼び掛けました。

 福島県の中川西祐綺ちゃんは去年、生後3カ月で心臓に異常が見つかり、その後、難病の「拡張型心筋症」と診断されました。現在、祐綺ちゃんは人工の補助心臓を付けていますが、移植手術が必要です。
 祐綺ちゃんの母親・中川西かおりさん:「第1子も心臓病で亡くしています。この子も失うんじゃないかと。娘を助けてあげたい。皆様の温かいご協力、よろしくお願いします」
 国内では6歳未満の子どもの臓器提供はこれまでに6例のみで、両親はドナーが多いアメリカで手術させたいとしています。手術費用などに約2億9000万円がかかり、両親は募金への協力を呼び掛けています。

※問い合わせは「ゆきちゃんを救う会事務局」0247−57−5971(午前10時〜午後3時)