テレ朝news

公道で電動一輪車 初摘発 道路交通法違反の疑い(2018/01/10 18:44)

 電動一輪車を公道で走らせたとして初摘発です。

 51歳の男は去年8月、中国の企業が製造する電動一輪車「ナインボットワン」を公道で走らせたとして、道路交通法違反の疑いで書類送検されました。警察によりますと、このような電動一輪車には原動機が付いていて、道路交通法では普通自動車にあたり、バックミラーや前照灯がないことなどから整備不良の車両に該当するということです。男が横浜市内の道路でバイクと事故を起こし、発覚しました。取り調べに対し、男は「危ないという認識はあった」と容疑を認めています。