コメの減反を5年後に廃止 政府が方針固める[2013/11/06 11:49]

 政府は、コメの価格を維持するための生産調整「減反政策」を5年後に廃止する方針を固めました。

 政府は、主食用米の生産数量目標を都道府県ごとに配分する減反政策を5年後に廃止します。需給見通しを提供するにとどめ、生産者自らが判断できるようにします。減反に参加した農家に支払われる10アールあたり1万5000円の補助金は、来年度から減額して5年後に廃止します。また、コメの販売価格が一定水準以下となった場合の差額を補てんする交付金も来年度から廃止します。政府は6日午後、自民党に減反の廃止案を提示する方針です。