日銀総裁「景気下振れは事実」 増税見送りには懸念[2014/09/04 19:33]

 日銀の黒田総裁は、日本経済の現状について「予想していたよりも下振れたのは事実」と述べ、想定よりも回復が遅れていることを認めました。

 日銀・黒田総裁:「物価はおおむね想定通りの道筋をたどっているが、成長率は去年4月ごろに予想したよりは下振れている」
 黒田総裁は、輸出が伸び悩んでいることから、経済成長率が想定より下振れしていることを認めました。ただ、最近の個人消費の低迷については、駆け込み需要の反動や増税による実質所得の減少、夏場の天候不順による一時的な要因だとしています。一方、消費税率の10%への引き上げを見送った場合には、「市場から財政健全化への疑念を持たれる」として、予定通り引き上げるべきという考えを示しました。