貿易収支5兆4271億円の赤字 上半期では過去最大[2014/10/22 22:42]

 日本の貿易赤字が上半期としては過去最大となった。今年4月から半年間の貿易収支は約5兆4271億円の赤字。まずは輸入。火力発電などに使われるLNG(液化天然ガス)が去年の同時期に比べて8.7%増えた。ただ、原油の輸入が減ったので、燃料全体ではマイナス0.1%と横ばいだった。一方、太陽光パネル用の部品輸入などが増えた。さらに、円安による輸入価格の押し上げもあり、輸入額全体では2.5%増えた。これに対し、輸出は円安にもかかわらず伸び悩んだ。自動車メーカーが生産拠点をメキシコなどに移した影響で、アメリカへの輸出が落ち込んだ。