味の素、円安で「冷凍食品60品目」 値上げへ加速[2014/11/10 16:58]

 円安が家庭用食品の値上げを加速させています。

 味の素冷凍食品は、家庭用商品の7割以上にあたる約60の商品を来年2月から値上げすると発表しました。お弁当のおかずとしても人気が高い餃子やハンバーグも対象で、約3%から10%の価格改定になります。原料の牛肉、豚肉、鶏肉や魚のすり身などの価格が世界的な需要拡大で高騰しているうえに、円安で輸入コストが上昇したとしています。これほどの規模の値上げは24年ぶりということです。