白物家電10月出荷額、天候不順で前年割れ[2014/11/28 15:00]

 冷蔵庫やエアコンなど白物家電の先月の出荷額は、前の年の同じ月に比べて13.6%減の1324億円で、2カ月ぶりのマイナスとなりました。

 日本電機工業会によりますと、出荷額全体の約4分の1を占めるエアコンが、天候不順などの影響で前の年の同じ月に比べて24.4%減少しました。また、冷蔵庫が17.9%、洗濯機も17.8%のマイナスでした。日本電機工業会では「増税で消費者全体のマインドの回復が遅れていることや、台風上陸などの天候不順が影響した」としています。