日本の水産物輸入規制を見直しか 韓国調査団が来日[2014/12/15 11:58]

 福島第一原発の汚染水問題で、宮城や福島など8つの県のすべての水産物を輸入規制している韓国の調査団が来日しました。

 本川水産庁長官:「どうか実態をご覧頂いて、韓国政府内に対し、適切な報告をして頂きたい」
 日本の水産物の輸入規制を見直すか検討する韓国の専門家委員会のメンバーが来日しました。5日間にわたり、福島第一原発や放射性物質のモニタリング調査を視察します。韓国側は、日本の水産物に対する韓国国民の不安を払拭するためにこうした調査が必要だと判断したということです。調査団は「両国の関係回復のために最善を尽くしたい」としています。