上空100mに警備の目 セコムが防犯用飛行船を開発[2014/12/24 18:24]

 日本で初めて防犯用の飛行船が開発されました。

 警備サービス大手のセコムが開発した飛行船は、野外のイベントや大型の施設を主な対象としていて、上空約100m地点から防犯カメラで異常を察知します。地上のカメラや防犯センサーと連動すると、より速く正確な状況把握が可能になります。上空から広いエリアを見渡せることから、災害時の被害状況の確認や避難誘導などにも活用できるということで、2016年の実用化を目指しています。