メルセデス・ベンツが4月に値上げ 原材料など高騰[2015/01/22 16:44]

 メルセデス・ベンツ日本は、原材料などの高騰により、4月から平均2%値上げすると発表しました。

 メルセデス・ベンツ日本の上野社長は、4月1日から平均2%値上げすることを会見で明らかにしました。原材料費や輸送コストなどが高騰しているためで、「企業努力では賄えなくなった」と説明しています。値上げは2008年10月以来、6年6カ月ぶりです。メルセデス・ベンツ日本は去年、過去最高の6万台を販売し、今年も同じ水準を目指していますが、値上げによる影響は少ないとみています。輸入車では、今年1月からフォルクスワーゲンが11車種で平均2%、アウディが7車種で平均3%引き上げるなど、値上げが相次いでいます。