小麦粉、パスタ、パン…7月も値上げ 25年ぶりも[2015/06/30 11:53]

 値上げの波が止まりません。来月1日から家庭用の小麦粉、パスタ、パンなどが値上がりします。また、お茶漬けやふりかけ、納豆など25年ぶりに値上げされる食品もあります。さらに値上げは、ノートやはさみなど文房具にも広がっています。

 製粉大手の日清フーズ、日本製粉、昭和産業は家庭用小麦粉、てんぷら粉、パスタなどを最大8%値上げします。4月に輸入小麦の政府売り渡し価格が引き上げられたことなどが要因です。山崎製パン、フジパン、敷島製パンは、食パンや菓子パンなどを最大7%値上げします。また、原材料価格の高騰や人件費の上昇などを受け、永谷園はお茶漬けやふりかけなど60品目を、タカノフーズは納豆の一部商品をいずれも25年ぶりに値上げします。さらに、同様の理由からコクヨは、ノートやはさみなどを平均で約9%値上げします。来月7日以降には明治やロッテ、森永製菓もチョコレートの値上げを予定しています。