輸出など回復鈍化 成長率と物価を下方修正…日銀[2015/07/15 20:01]

 日本銀行は、輸出や生産の回復が鈍っているとして、経済成長率と物価の見通しを下方修正しました。

 日本銀行・黒田総裁:「4月〜6月成長率は、1月〜3月に非常に高い成長率だったが、それに比べるとかなり低下する可能性がある」
 日銀は、2015年度の実質経済成長率の見通しを前回4月の2.0%から1.7%へ、物価については0.8%から0.7%へそれぞれ下方修正しました。経済成長率の引き下げは、中国など海外経済の減速を受け、輸出や生産が伸び悩んでいることが背景にあります。一方で、黒田総裁は伸び悩みは一時的と指摘し、「4月から6月の弱さが、7月から9月以降も続くとは全くみていない」と話しました。また、15日の会合では、国内の景気の現状については「緩やかな回復を続けている」との判断を据え置きました。また、物価は2016年度の前半に目標の2%に達するとの見通しを維持しています。さらに、金融政策については現在の大規模な金融緩和の継続を決めました。