納税の次は「ふるさと投資」 地方創生 政府後押し[2015/08/05 17:58]

 ふるさと納税の投資版ともいえる「ふるさと投資」の利用拡大を目指し、ヤフーなどはサイト上に「ふるさと投資」のページを開設しました。

 ヤフーと小口投資ファンドの運営会社は、「ふるさと投資」を呼び込むページをヤフーのサイト上に開設したと発表しました。発表会では、地元の食材を生かしたレトルト食品を製造・販売する大分県の企業が、地域経済の活性化や雇用促進のため事業拡大への投資を呼び掛けました。ふるさと納税の投資版ともいえる「ふるさと投資」は、地方や地域で独自に活動する中小企業に銀行などの融資ではなく、インターネットを通じて全国から小口投資を集めるものです。投資家は、事業の売り上げに応じて分配金がもらえますが、元本保証はありません。地方創生を掲げる政府は、新たな資金調達手段として「ふるさと投資」を後押ししています。