キャベツは4割高 天候不良続き…野菜の高騰深刻に[2015/09/16 11:58]

 日照不足などにより、キャベツやキュウリなど野菜の価格高騰が続いています。関東・東北を襲った豪雨で、価格高騰が長引く可能性も出てきました。

 野菜を求める消費者:「毎日の食事で野菜をたくさん取らなければいけないので、本当に困る」「基本的に全部高くなっているので、多少の打撃はある」
 農林水産省の調査によりますと、7日から11日のキャベツの価格は1玉約1kgで206円と、平年に比べて約4割高くなりました。主要産地の群馬県嬬恋村で8月初めに雹(ひょう)が降り、キャベツに傷が付く被害が出た影響が継続しています。また、キュウリも平年に比べて2割以上高い、1本あたり約74円でした。東北や関東で日照不足などの天候不良が続き、生育に影響を与えたことが要因です。
 吉池赤坂店青果担当・斉藤努さん:「先週の豪雨の影響も今週、徐々に出てきている。品物が出てこなくなる恐れがある」
 関東・東北の豪雨の影響により、価格高騰が長引く可能性も出ています。