227億円は…「レセプト債」発行会社が破産申請[2015/11/09 03:09]

 「レセプト債」と呼ばれる社債を発行していた会社が破産を申請し、227億円に上る社債が返済不能になる恐れが出ています。

 東京地裁に破産を申し立てた「オプティファクター」は、病院などが保険診療の対価として診療報酬を受け取る権利「レセプト」を買い取る一方で、レセプト債という社債を発行して手数料を得ていました。不透明な売り上げが多数見つかり、先月、証券取引等監視委員会の調査を受けて業務継続は難しくなったということです。