テレビ自社生産から完全撤退へ 東芝、収益改善急ぐ[2015/12/10 19:30]

 東芝がテレビの自社生産から完全撤退する見通しであることが分かりました。

 東芝は収益の改善を急ぐため、生産拠点の整理や人員削減を検討しています。テレビ事業は、インドネシアの自社工場とエジプトの合弁工場を売却し、自社生産から完全撤退する方向で最終調整しています。テレビ事業は赤字が続いていて、すでにヨーロッパやアメリカでは生産や開発から撤退し、外国メーカーに生産を委託しています。また、不正会計の影響で構造改革が遅れていたパソコンやいわゆる白物家電事業については、東芝本体から切り離す案も出ていて、12月中に再建策が発表される予定です。