7月貿易統計 輸出額はリーマン後以来の落ち込み[2016/08/18 11:59]

 7月の貿易統計で、輸出額はリーマンショック後の2009年以来の落ち込みとなりました。

 財務省によりますと、円相場が1年前より20円近く円高になったことなどから、輸出額は5兆7284億円と前の年に比べて14%減少しました。リーマンショック後の2009年10月に次ぐ下げ幅です。一方で、原油などの値下がりで輸入額も減ったため、貿易収支は5135億円の黒字でした。