“トランプ氏の離脱宣言”でも「TPP承認目指す」[2016/11/22 17:05]

 石原伸晃TPP(環太平洋経済連携協定)担当大臣は、アメリカのトランプ次期大統領がTPPから離脱する考えを改めて示したことを受け、あくまで今国会での国内承認を目指す考えを示しました。

 石原伸晃TPP担当大臣:「トランプ次期政権の方針についてですね、まだ大統領じゃございませんので、現時点では予断を持ってコメントすることは差し控えなければなりませんけども、先のことを見据えても、立ち止まることはできないのではないかと思っております」
 トランプ氏の声明を受け、石原大臣は「自由貿易はどんな状況になろうと日本国の運営上、必要だ」と述べ、TPP発効に向けた国内の承認手続きに全力を尽くしていくことを強調しました。

こんな記事も読まれています