不動産価格が2割下落で地域金融機関の約4割が赤字に[2017/04/19 20:04]

 何らかのショックで国内の不動産価格が2割ほど下落した場合、地域金融機関の約4割が赤字に陥る可能性があると日銀が最新のレポートで指摘しました。

 日銀は「金融システムレポート」で、地域金融機関の不動産向け貸出の状況や不動産価格が下落した場合の影響などを初めて調査・報告しました。それによりますと、各地域の地価や世帯数などから算出した不動産向け融資の適正量に対し、最大2.5倍の金額を不動産向けに融資している銀行があることが分かりました。地域別には、特に九州・沖縄や東北で貸出が多い傾向があったということです。また、何らかのショックで不動産価格が全国的に2割ほど下落した場合の影響を試算したところ、金融機関ごとでバラつきはあるものの、約4割の地銀や信金が本業だけでは赤字に陥る恐れがあるとしています。