物価2%到達前にETF購入中止も 日銀・原田委員[2017/06/29 22:27]

 日銀の金融政策で投票権を持つ原田泰委員が都内で講演し、物価上昇率が2%に到達する前でも、ETF(上場投資信託)の購入をやめる可能性を示唆しました。

 日銀・原田泰審議委員:「(2%の)達成が見えれば当然、買い入れ額を減らすとか買い入れをやめるとか売っていくことはありえる」
 日銀は現在、消費者物価を2%に押し上げるため、年間6兆円のペースでETFを購入しています。一方で、日経平均株価が2万円台で推移するなか、日銀が大量に株を購入し続けることは、市場をゆがめるとの指摘も出ています。こうしたなか、日銀の原田委員は、物価が2%に達する前でもETFの購入をやめる可能性を示唆しました。ただ、「2%の達成はまだ近付いていない」とも述べ、すぐに政策を変える必要はないとしています。