人工知能が「がん」見極め 病変の発見率は98%[2017/07/10 17:00]

 国立がん研究センターとNECは大腸の内視鏡検査の際、がんやがんになる前の病変を人工知能を使って見つける技術を発表しました。

 この技術は約5000例のがんの病変の画像などを学習した人工知能が病変を瞬時に自動で発見し、モニター画面上で指摘するというものです。病変の発見率は98%に達し、見逃しを減らす効果を期待されています。2年後の臨床試験スタートを目指しているということです。
 国立がん研究センター中央病院・山田真善医師:「この技術が全国に広まりますと、全国どこで大腸内視鏡検査を受けても同じような質の大腸内視鏡検査が受けられると。質のコントロールができると考えております」