ギャンブル依存症経験者から聞くシンポジウム開催[2017/10/27 08:02]

 政府が成立を目指すカジノを含むIR(統合型リゾート)実施法について、ギャンブル依存症の経験者らも交えたシンポジウムが開かれました。

 ギャンブル依存症を経験した人:「ギャンブル依存症、月日が経てば経つほどひどくなっていく。状態が悪くなっていく。右肩下がりに自分の人生がボロボロになっていった」
 現在、政府は日本人に対しては、マイナンバーカードで本人確認を行うことやカジノの入場回数を制限する仕組みを提案しています。ギャンブル依存症の経験者や専門家が26日に開いたシンポジウムでは、依存症対策の強化を求める意見が相次ぎ、もっと法案に依存症体験者の声を反映してほしいとの要望も出されました。参加した国会議員からは「現場の声を反映してこなかった経緯があるので、今後は肝に銘じたい」などという意見が出ていました。