MUFG 「クラスター弾」製造企業への融資禁止へ[2017/12/01 19:35]

 三菱UFJフィナンシャルグループは「非人道兵器」とされるクラスター爆弾を製造している企業に対して、今後はその資金使途にかかわらず、融資をしない方針を発表しました。

 今年5月、オランダのNGO(非政府組織)がクラスター爆弾を製造している企業に対して投融資を行っている金融機関のリストを発表し、日本では三菱UFJなど4つの金融機関の名前が挙げられました。こうしたなか、1日、三菱UFJ傘下の三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行は、クラスター爆弾を製造する企業への対応方針を変更し、これまでの「クラスター弾製造を資金使途とする与信」の禁止から、2017年12月以降は「資金使途にかかわらず、クラスター弾を製造する企業に対する与信」を禁止するとしました。同じく5月の報告書で名前の挙がっていた三井住友フィナンシャルグループはすでに、9月に対応方針を変更しています。