「憲法改正」安倍総理は意欲 企業トップどう見る?[2018/01/05 23:12]

 安倍総理大臣が「今年こそ議論を深めたい」と意欲を示す憲法改正について、企業トップに聞きました。

 トヨタ自動車・豊田章男社長:「非常に大事な話だと思います。議論がしっかりとなされることを私は応援していきたい」
 JXTGホールディングス・木村康会長:「現行の憲法の下で日本はこれだけ経済発展したので、それを見逃してはいけない」
 サントリーホールディングス・新浪剛史社長:「9条の根幹を変えることは反対。ただ、自分の国が自分を守るための軍隊を持つことは是とすべきと思います」
 経済団体トップからは、憲法改正の議論のタイミングについて異なる意見が聞かれました。
 経団連・榊原定征会長:「国民的に議論することは大事ですが、目の前の重要政策課題に優先して憲法論議を行うような状況ではないと思う」
 日本商工会議所・三村明夫会頭:「安全保障は最も重要な経済を順調に動かすためのインフラ。戦後70年、あまり議論してこなかったが、この議論はぜひ進めるべき」

こんな記事も読まれています