平均株価9日も大きく値下がり 米引きずられ乱高下[2018/02/09 19:20]

 東京株式市場の平均株価は9日も大きく値下がりしました。

 8日のニューヨーク市場でダウ平均株価が1000ドル以上、急落した流れを受けて東京市場でもリスクを回避しようという動きから株が売られ、平均株価は一時700円以上、値下がりしました。日本企業の好業績が相場を支えているものの、アメリカ市場の動きにつられて乱高下する展開が続きました。結局、8日に比べて508円安い2万1382円で取引を終え、去年10月以来、約4カ月ぶりの安値となりました。