東京五輪の記念貨幣 第一弾5種類を発表 財務省[2018/02/23 14:28]

 財務省は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの記念貨幣の第1弾となる5枚のデザインを発表しました。

 23日に閣議決定されたのは1万円金貨1種類、1000円銀貨2種類、100円貨幣2種類の合わせて5種類です。1万円金貨は純金製で表にやぶさめの図柄、裏には東京オリンピックのエンブレムがデザインされています。1000円銀貨と100円貨幣には柔道やフェンシングなどのデザインが採用されています。価格は1万円金貨は12万円、1000円銀貨は9500円で、7月から申し込みの受け付けを開始し、11月ごろから発送する予定です。財務省は記念貨幣を今回を含め、4回に分けて計30種類ほど発行することにしています。