麻生大臣、文書改ざん巡り改めて謝罪と辞任否定[2018/03/13 11:46]

 麻生財務大臣は、「信頼回復への対応が私の仕事だ」と述べ、改めて辞任を否定しました。

 麻生財務大臣:「決裁された文書を書き換えるというのは極めて由々しきこと。そういった意味では誠に遺憾。信頼回復が最も大切なので、その点に関して必要な対応を行っていくというのが私どもの仕事」
 麻生大臣は決裁文書の改ざんが財務省の理財局で行われたことを説明したうえで、自らの責任について「原因究明と再発防止が大臣として与えられた仕事」と述べ、財務大臣の職にとどまる考えを示しました。ただ、来週、アルゼンチンのブエノスアイレスで予定されているG20(財務大臣・中央銀行総裁会議)への出席については「国会の対応状況次第だ」と述べ、欠席する可能性を示唆しました。