シダックスがカラオケ事業撤退 夜の客減少がひびく[2018/05/31 18:49]

 「シダックス」がカラオケ事業を「カラオケ館」に売却します。

 全国で約180のカラオケ店を展開するシダックスは、来月7日にカラオケ店の運営から撤退すると発表しました。特に夜の客数の減少により、ここ数年、赤字が続いていたのが原因で、今後はカラオケ館を運営する会社が事業を引き継ぎます。当面はシダックスの名前で営業を続けます。同じエリアにある店舗の統合や名前とサービスをカラオケ館に統一するかどうかは現在、協議中です。