今月から小麦粉・食パン値上げ 収穫低下や円安影響[2018/07/01 11:52]

 今月から国際的な小麦の収穫の低下や円安などの影響を受けて、大手メーカーが小麦粉や食パンの値上げに踏み切ります。

 製粉大手の日清フーズと日本製粉は2日の出荷分から小麦粉を値上げします。これは政府が管理する輸入小麦の売り渡し価格の引き上げによるものです。さらに、小麦粉の値上げの影響で、山崎製パンは「ロイヤルブレッド」など主力の食パンや菓子パン70の商品を平均4%値上げします。敷島製パンは主力の食パン「超熟」などを最大5%値上げします。両メーカーは1日の出荷分から値上げです。

こんな記事も読まれています