ソフトバンク 携帯電話子会社の新規上場を予備申請[2018/07/09 23:36]

 ソフトバンクグループは携帯電話子会社のソフトバンクについて、新規上場の予備申請をしたと発表しました。

 ソフトバンクグループの孫社長は今年2月の会見で、上場について「できれば1年以内に行いたい」と述べていて、今回の予備申請は年内上場に向けて審査をスムーズに進める狙いがあるとみられます。ソフトバンクは、上場で調達した資金は財務強化と投資の両方に使うとしていますが、「現時点で上場可否、上場時期について確約されたものはない」としています。