ヤフーが自社株買いへ ソフトバンク「連携を強化」[2018/07/10 19:19]

 ヤフーは、約2200億円を上限に自社株買いを実施すると発表しました。

 ヤフーによりますと、自社株買いの規模はヤフーの発行済み株式の約10%にあたる6億1000万株で約2200億円に相当します。この取引は、親会社のソフトバンクグループを経由していて、実質的には大株主で旧ヤフーインクの「ALTABA」から取得します。グループ全体のヤフー株の保有率は変わらない一方、ALTABAの保有率は低くなります。携帯子会社の「ソフトバンク」がALTABAからヤフー株を買い取ることで、ソフトバンクは「ヤフー株の取得で、ネット通販事業での連携を強化する」としています。