BBQガスボンベなど注意 製品事故で死傷者も NITE[2018/07/26 17:08]

 夏休み、猛暑のなかキャンプやバーベキューではご注意を。

 爆発後も炎が上がり続けるキャンプ用のガスコンロ。過去5年間で、NITE(製品評価技術基盤機構)に報告されたバーベキューなどで使われるガスボンベの爆発火災や冷却スプレーへの引火など、製品事故は98件に上り、1人が死亡、62人が重軽傷を負いました。使用方法を守ることが大切です。猛暑や豪雨被害で食中毒も発生しやすくなっています。消費者庁は、バーベキューの際は食材の中心まで火を通すなど注意を呼び掛けています。

こんな記事も読まれています