ローソン銀行に免許交付 セブン、イオンに次3社目[2018/08/10 11:55]

 コンビニ大手のローソンが設立した「ローソン銀行」が金融庁から正式に銀行として認められました。

 10日午前、ローソン銀行に銀行業の免許が交付されました。小売業者による銀行業への参入は2001年のセブン銀行、2007年のイオン銀行に次ぐ3社目で、10月からサービスを開始する予定です。少子高齢化などで地方銀行が支店を維持することが難しくなるなか、ローソンは全国約1万4000店の店舗網を生かしてその代わりを担うサービスを行う考えです。また、現金を使わずに買い物をするキャッシュレス化の流れのなかで、ポイントサービスである「ポンタ」との連携なども予想されます。