横浜での“カジノ構想”公表 米カジノ運営大手[2018/09/26 11:58]

 カジノを含むIR(統合型リゾート)を巡って、アメリカのカジノ大手が事業参入を目指す横浜のカジノ構想を初めて公表しました。

 シーザーズ・エンターテインメント・ジャパンCSR責任者、西村健吾氏:「テーマは『波』です。アートとカルチャーとエンターテインメントの波を世界に広げていこうと」
 横浜・山下ふ頭からつながる海辺に、複数の波が入り混じる様子をイメージしたという形の建物。豪華客船が接岸できる港があります。世界で最も多くのリゾート施設を運営するシーザーズ・エンターテインメントは、横浜市に提出したカジノ構想を明らかにしました。一方、横浜市は、IR誘致について地元の反対が根強く態度を保留したまま、12の事業者などから誘致の判断のため情報提供を受けています。IRを巡ってはこれまで、大阪や長崎などが誘致の意向を表明しています。

こんな記事も読まれています