双眼鏡?で“目を鍛える”アジア最大級の眼鏡展示会[2018/10/22 16:55]

 東京・江東区でアジア最大級の眼鏡の展示会が開催されました。

 この眼鏡、レンズに付いている双眼鏡のような部品で、近くのものを遠く、小さく見ることで目の筋肉を鍛えるということです。都内で開催中の国際メガネ展には、世界中から有名眼鏡メーカーなど約390社が参加しています。ボタンを押すだけで遠視と近視を切り替えられる眼鏡や、有名キャラクターになれるサングラスなどが初登場しました。メーカー各社は高齢化が進むなか、高機能な商品の開発に力を入れています。