無断キャンセルは全額請求も 解決へ取り組み本格化[2018/11/01 17:22]

 飲食店を無断キャンセルしたら全額請求の可能性が。

 お店を予約したにもかかわらず、連絡なく来店しない「無断キャンセル」は飲食業界の予約全体の1%に上り、年間約2000億円の損害が出ているということです。飲食業界の団体らがまとめた報告書では、無断キャンセル対策としてコース予約をした場合にはそのコースの全額を、席だけを予約した場合には平均客単価の5割から7割を請求するルールが良いとしています。これを受けて、飲食業界やIT業界などが「無断キャンセル対策推進協議会」を設立し、問題の解決に向けた取り組みを本格化します。

こんな記事も読まれています