農林水産物や食品などの輸出額 6年連続で過去最高[2019/02/08 23:31]

 去年の日本の農林水産物などの輸出額が6年連続で過去最高となりました。

 農水省によりますと、去年1年間の日本の農林水産物や食品などの輸出額は9068億円となり、6年連続で過去最高となりました。牛肉や卵、サツマイモなどの輸出が伸びていて、なかでも卵については、海外での日本食やラーメンの流行を受けて人気が高まり、過去最高額を更新しました。農林水産物などの輸出額について、政府は2019年に1兆円を超すことを目標にしていますが、今のペースで10%以上、額が伸びれば目標を達成できるとみていて、今年、さらに輸出強化に取り組みたい考えです。