同一業者が餌搬入も… 岐阜と愛知の豚コレラは別[2019/02/09 10:56]

 愛知県豊田市の養豚場で見つかった豚コレラウイルスは、同じ業者が餌(えさ)を運んでいた岐阜県本巣市の養豚場で確認されたものとは別であることが分かりました。

 本巣市と愛知県豊田市の養豚場では同じ業者がトラックで餌を運んでいたため、感染経路となった可能性が指摘されていました。しかし、農林水産省が各地で確認された豚コレラウイルスを詳しく分析したところ、本巣市と岐阜県各務原市で確認されたウイルスが他とは異なることが分かりました。農林水産省では防疫措置を進めるとともに、各地で確認されたウイルスに含まれる遺伝子配列を分析して、感染経路の特定につなげたいとしています。