新元号に向けたシステム改修「時間が足りない」[2019/02/17 07:05]

 5月1日からの新たな元号の開始に向け、コンピューターのシステム改修に関する説明会が15日に開かれました。参加者からは「時間が足りない」との声が上がりました。

 説明会には民間企業のシステム担当者ら約240人が参加し、主催した経済産業省とマイクロソフトから新元号が公表される4月1日から元号が変わるまでの1カ月間の改修スケジュールを事前に用意することが推奨されました。
 出席したシステム担当者:「(Q.1カ月は短くない?)非常に短いと思います」「急激に作業ボリューム増えてしまうので、現実的には1カ月というのは厳しいと思う」
 また、改修後のシステムのエラーで間違った元号が印刷された場合に備え、修正用に新元号のゴム印を作っておくことも勧められました。