衛星情報の無料開放始まる 様々なサービスに期待[2019/02/21 11:53]

 人工衛星で収集したデータを誰でも無料で活用できるサービスが21日午前から始まりました。

 午前10時半に公開されたテルースは、高度628キロメートルの人工衛星「だいち2号」などで収集している地表や人の動きなどのデータで、ホームページで誰でも無料で見ることができます。衛星のデータの活用は、これまでは研究者などに限られていて一般に開放されたのは日本で初めてです。海外では渋滞緩和などに使われていて、様々なサービスへの活用が期待されます。