IoT技術で快適な睡眠を…月額300円で助言サービスも[2019/03/14 00:05]

 KDDIは、スマートフォンのアプリを使って睡眠の改善を手助けする新たなサービスを始めると発表しました。

 KDDIは、インターネットを通じてすべてのものがつながる「IoT」の技術を使って睡眠の質を向上させるサービスを15日から始めます。マットレスに装着された特殊なセンサーが呼吸や心拍数から睡眠時間や眠りの深さを計測し、月額300円で睡眠を改善するための助言や電話相談が利用できます。また、今年の夏以降には眠りに入ると照明などが自動で消えるサービスも始めるということです。