日産・三菱自 新型軽の記念式典[2019/03/15 08:02]

 カルロス・ゴーン被告が会長を務めていた日産自動車と三菱自動車は、共同で開発・生産した新型軽自動車の記念式典を公開しました。

 三菱自動車・益子修会長:「日産と三菱のアライアンスが順調にここまで進んできているなと改めて実感している」
 日産自動車・星野朝子専務:「新しい時代にふさわしい日本を盛り上げる、そういう軽(自動車)に仕上がっていると思います」
 新型車には、軽自動車で初めて車線の中央を走行するようにハンドル操作を支援するシステムなどが搭載されます。今週、提携を組むルノー、日産、三菱のトップがゴーン被告の逮捕後に初の共同会見を開いたことに続き、社内向けのイベントである式典を公開することで改めて「脱ゴーン体制」をアピールした形です。