足の不自由な人でも大丈夫 オリ・パラ前に実証実験[2019/03/18 11:59]

 東京オリンピック・パラリンピックを前に、外国人や足の不自由な人に使いやすい最新の乗り物を使った観光案内の実証実験が都内で始まりました。

 乗り物はタブレット端末で丸の内エリアの名所やレストラン、そこまでの行き方を案内してくれます。英語にも対応するほか、電動車椅子として開発されたため足が不自由な人も乗りやすくなっているということです。歩くのと同じくらいの速さで歩道のみを移動でき、免許はいりません。全国の観光地などでの実用化が検討されています。